32週4日 検診11回目

検診11回目。東京での検診最終日。

9ヶ月になっておなかが重く感じる。
歩くときはまるでお相撲さんのようにのしのし(笑)。夫に「遠くからでも歩き方ですぐわかる」と言われる^^;

赤ちゃんの心音は元気いっぱい。身長38cm、体重1718gに成長。
先生にも「うん。元気ですね~」と言われる。
でも、心配していた逆子はまだ治らず(泣)。今度は寝返りをして左側に移動したらしく、頭が右から左になっていた。逆子体操の効果はないのかなぁ。

寝る前に逆子体操をして、今度は右側を下にして寝るように指導される。
ただ、右側を下にすると吐き気が出ることもあるので、気持ち悪くなったときは無理をしないで左向きで寝るように言われる。

逆子が治らない場合は帝王切開になるかもと言われてドキドキ。
あとは里帰り先の病院の方針で決まるので、よく相談するように言われる。
無事に生まれるなら帝王切開も覚悟するけど、できれば自然に産みたいな。臨月で治る人もいるそうなので、焦らずのんびりしよう。

二度目のインフルエンザワクチンを打って最後の検診は終了。
紹介状をもらい、受付で「元気な赤ちゃんを産んでくださいね」と励まされる。
何だかいよいよなんだな~と実感。

その後も逆子体操をするけど、まだ胎動は左側でモコモコ感じるので逆子のままらしい。
このまま何もしないのも嫌なので、鍼治療に行ってみた。

28週(7ヶ月)までに治療すると90%治るそうだけど、逆子になったのは30週(8ヶ月後半)から。。。1回で治る人もいれば数回かかる人もいるそう。
逆子に効くという足の小指にお灸と鍼をしてもらい、安産のツボにも鍼を打つ。小指のお灸は思ったよりも熱くて痛かったけど、世間話ができるぐらいだから、まあ、ガマンできるかな。

終わったあとは体の中からポカポカ。寒い日だったのに駅に行くまでに汗をかくほど。胎動もモコモコ激しくなっていた。お灸と鍼の効果はすごいなあ。これで治るといいけど。
とりあえず、もう1回、鍼とお灸をしてもらうことに。どうか治りますように!

※病院からの注意事項
・逆子体操をした後は右側を下にして寝る。気持ち悪くなったら反対(左側)を向くこと。
・次回の検診は里帰りの病院へ2週間後に予約。
・産後、何か不安なことがあれば相談にくること。
・体を冷やさない。特に足首と下半身を温めるように。
[PR]
by sucre_sel | 2007-11-30 22:41 | Baby日記
<< ザ・プリンス パークタワー東京 広尾 エパヌイでディナー >>