上海旅行 周荘

e0009722_155256.jpg

2日目は郊外にある水郷の街・周荘に行ってきました。
宿泊していたホテルのそばにある上海体育館のバスターミナルから郊外へ行くバスが出ています。
朝9:30ごろに行き、チケット売り場で行き方を聞いてみるけど、上海は大きなレストランやホテル以外はほとんど英語が通じません。(私は英語は話せないので通じても夫&友人任せ・・・笑)。
そこで頼りになるのが筆談! それなら任せて~♪ 漢字は通じるのでガイドブックを見せながら係員と交互に紙に書きながらバスの往復の時間や値段を聞くと、10:00に出発するバスがあるとのこと。うふ。ちょうどいい時間ですね^^

3人分を購入して、指定された乗り場で待つけど、バスが来る様子はありません。
どうやらバスは駐車場の奥にある様子。同じツアーに参加するらしき中国人のおばちゃんグループについていきました。

この半日ツアーは、東京の「はとバス」のようなもの。ガイドさん付きの観光バスで現地まで向かいます。ほとんど地元の人か中国からの観光客のようで日本人は私たち3人だけでした。



e0009722_282100.jpg

席は指定で私たちはバスのいちばん後ろでした。
日本と同じ観光バスですが、席の幅がやや狭いため、男性だときついかも。
e0009722_294849.jpg

これが切符です。全部、漢字だけど何となく意味がわかります。行きも帰りも1号車で座席は47番ということですね。そして、帰りの出発時間は17:00。漢字ってエライなあ。

それにしても驚いたのが料金。入村料+往復運賃でひとり140元(2200円ぐらい)ですが、片道2時間も乗るのに運賃は往復で40元(約640円)。
村に入るのに100元(約1500円)って取りすぎなんじゃない?^^;
日本なら普通の金額だけど、交通費に比べたら高いから地元の人にとっては日帰りとはいえ、かなり高い旅行ですよね。
e0009722_216208.jpg

2時間後、目的地に到着しました。
広い駐車場で降ろされ、村までは徒歩で向かいます。細い路地は猫がいたり、鶏の大量の羽が落ちていたり(たぶん食料用に絞めたのでしょう。。。)、地元のおばさんが野菜を乗せたリアカーを引いていたり。上海の街とはちょっと違う雰囲気です。
e0009722_2274940.jpg

さて。幸いガイドさんが英語が話せる方だったので集合時間などは英語で大丈夫でした。
まずはランチの時間らしく、ほかに食べるお店がないからここの2階へと言われました。
e0009722_2294867.jpg

レストランの水槽で泳いでいる魚はどう見ても淡水魚。これってなまず?
えー。こんなの出てきたらイヤだなぁ。隣の水槽には何だかフグのような魚もいるけど・・・^^;
ランチはついていないツアーなので各自、注文することに。
写真が多いので、ランチはまた次回にします。
[PR]
by sucre_sel | 2005-11-04 02:47 | +上海
<< 上海旅行 周荘でランチ 上海旅行 南京東路 >>